リハビリ施術を担当

私は、かなり長い間、腰痛に苦しみ、もう、6年ほどたつでしょうか。リハビリに通い続け、少しずつですが、自分の体のことが、よくわかるようになり、以前のような、腰痛の苦しみは、減ってきたように思います。

元々、仕事で、腰に負担を与え続けたため、慢性的な腰痛持ちでした。
体もガチガチに硬くなり、ぎっくり腰を繰り返してしまい、ある時から、腰から、足にかけて、痺れるようになってしまいました。
前々から、整形外科には行っていましたが、この6年前、初めて椎間板ヘルニアと診断されました。

治療方法は、手術はしないで、まずは、リハビリで痛みが和らげるというものでした。

alternative-medicine-1327808_6402

リハビリメニューは、かなり、ベーシックですが、腰に電気を当てて、牽引です。腰と首を、やることになりました。
腰の牽引というのは、賛否両論あるようですが、これでスッカリ治ったという、話は聞いたことはありませんでした。
しかし、とても、気持ちの良いものでした。スーっと、腰が軽くなります。腰が伸びる瞬間、日頃、どんなに腰に負担がかかっているかということがわかりました。

この、リハビリには、しっかり、3ヶ月は通いました。痛みも、随分、良くなりました。沢山の人が同じようにリハビリに通っていましたので、やはり、牽引というのは、効果があると思います。

そして、今は、その整形外科の指導のもと、保険外ではありますが、リハビリステーションに併設してあるスタジオで、ピラティスなる、筋肉作りのリハビリを続けて、少しずつですが、腰に力が入るようになりました。

リハビリは、一生ものだなと、思っています。