リハビリ施設について

massage-272825_640
老人ホームの中でも、リハビリができる施設とそうではない施設があります。
リハビリができる施設は、老人保健施設というもので医師の指導のもと
リハビリを受けます。ただし、リハビリを行うということが目的の老人ホームは入所できる期間が定められているので、長く入所できません。とりあえずリハビリのために入所し、そのあとに普通の施設に入ることになります。リハビリ後自宅で生活できれば施設に入所することはないので、リハビリでどれだけ回復できるかはそのあとの生活スタイルに大きく関係してきます。

病院でもリハビリが可能です。リハビリ可能な病院は、リハビリテーション病院や総合病院などがありますが、回復期リハビリテーション病院にあたる病院は、様々な症状の患者さんを対象としていますので、リハビリ病院の中で多く利用されている施設です。回復期リハビリテーション病院に入院する場合は、病気発症からの期間や入院の日数など決められていることがあるので、誰でも入院できないのが現状です。そのような場合は他の病院でリハビリを受けることになります。またどのような病気かによっても変わってきます。

回復期リハビリテーションでは、毎日リハビリができるので、回復までのスピードも速いです。リハビリの内容でその後の日常生活に大きな差が出ます。

そしてリハビリの専門家が常駐しているのも特徴です。他の病院では毎日リハビリが受けられないこともあるので、リハビリ病院の手厚いケアを希望される人は多いです。

リハビリが必要な場合は、リハビリ病院に入れる条件かどうか先生に相談してみましょう。